プライベートとビジネスを充実させる!真似したいSNS活用例

>

自分の業種と合うのはどこか

自分の宣伝したい業種はどのSNSサイトが向いているかを考えてみましょう。

売り込みたいものが商品ならば視覚に働きかけられる写真投稿を得意とするSNS、しっかりした文章による説明に力を入れた方がアピールできるSNS、まもなくオープンなどでリアルタイムの情報をジャンジャン流したいならスピード感のあるSNS、興味を持ってくれた人が質問や予約をするなど個々のやり取りができたり、クーポンの配信などお得な情報を配信したいなら1対1のやり取りが可能なSNS、どこがあっているでしょうか。

自分の好みや思考に合うSNSもあるかと思います。
自分の展開しやすいアカウントで人脈を広げながら徐々に他のSNSも追加していったり、プライベートと連動させていくと配信しやすい事もあります。
自分に合った手法を見つけたいですね。

各SNSの特徴を生かしマーケティングする

複数のSNSに発信すると、ユーザーから共感を得られた投稿に対してイイネやシェアなどのボタンで反応をしてくれます。

その数が多ければ多くの人に興味や共感をもってもらえたという判断基準になりますね。
プライベートの投稿に対しても、自分の投稿に対して反響が多い方が嬉しいかと思います。

同じ内容の投稿でも、SASによって反響に差がある事もあるでしょう。
自分の売り込みたいサービスや商品はどんなタイプの人や年齢層の人から興味を持ってもらっているのか知るきっかけにもなります。

興味を持ってくれた人が多いところに手厚く投稿していくのも良いですし、あまり共感が得られなかったSNSで魅せ方を変えて再び発信してみるなどマーケティングすることで次の戦略が見えてきます。


各SNSの特徴を使いわける

この記事をシェアする