プライベートとビジネスを充実させる!真似したいSNS活用例

>

戦略を立てよう

どのSNSも登録方法は簡単です。
しかし、それぞれのSNSに特徴があるので同じ内容でも魅せ方を変えて、そのSNSを好むユーザーにウケる内容を発信しないと効果はあまり出ません。

どんなユーザーが人気を集め支持されているのか、SNS映えする投稿なのか、拡散性やユーザーとのコミュニケーション方法などを理解し分析する必要があります。

基本的に実名で登録されて信頼性が高く比較的年齢層が高い人たちの利用が多いもの、文字数に限りはあるがリアルタイム性が高くスピード感のあるもの、クーポンの配信や1対1のトークができるもの、写真などで視覚で良さを伝えやすいなどの違いがあります。

まずは登録し、顧客の立場になって分析してみると良いかもしれません。

各社の特徴に合わせた投稿をし使い分ける

より多くの人達に自分の売り込みたい商品やサービスを知ってもらうためには、興味を持ってもらえるような工夫と戦略が必要になります。

また堅いイメージをもっと身近に感じてもらって、多くの人に利用してもらいたいという時には、イメージチェンジでフランクな投稿がウケるSNSを利用してみるのも効果的です。

各SNSで利用者の年齢層が違ったり、思考やポリシーの偏りがあります。
同じ内容であっても、それぞれのSNSでウケるように魅せ方を工夫する事で、それぞれの異なるユーザーを獲得できるチャンスに繋がります。

SNSは基本的にどこも無料で利用できるサービスなのに、工夫次第で有力な宣伝ツールになります。
有効活用できるよう手間を惜しまず分析してみましょう。


複数のSNSを使いこなす

この記事をシェアする