プライベートとビジネスを充実させる!真似したいSNS活用例

SNSでプライベートもビジネスも充実させるなら

SNSのアカウントはプライベート用と仕事用の両方を作ることができます。 自分のポリシーや、プライベートの友人のタイプなどによって、使い分けた方が良いのか、使い分けない方が良いのかは違うようで様々な意見はあるようです。 正解はないので使い分けた方が良いかは自分次第になります。

複数のSNSを使いこなす

登録者数が多いSNSは有名なのが4社です。 それぞれ得意分野もあるので、ひとまずアカウントを取得して特徴を把握してみる事をおすすめします。 売り込みたいのが物なのかサービスなのか、ターゲット層は若者なのか、子育て世代なのか、ビジネスマンなのか、独身男女なのかによってどこで手厚く宣伝するか変わってきます。

各SNSの特徴を使いわける

SNSはそれぞれの投稿で別のSNSと関連付けすることができます。 写真での投稿が有効なSNSではインパクトのある写真を投稿しておいて、興味を持ってさらに知りたいと感じてくれた人が詳細を知ることが出来るように文章で投稿しているSNS、問い合わせに対応しやすいSNSと連動させておくと良いです。

アカウントは使い分けができる

スマホでも簡単に投稿したり閲覧できるSNSは、ちょっと手が空いた時に覗いたり、日記感覚や近況報告したりする場として身近な存在だと言う人も多いでしょう。

多くの人が利用しているSNSを自分や宣伝したい商品などを知ってもらうツールとして有効に使わない手はありません。
新聞の折り込みチラシやポスティングなども宣伝ツールとして使われていますが、費用や手間がかかり過ぎる割には反響が少ないのが現状です。
新聞の折り込みチラシは自分の売りこみたいターゲット層にピンポイントで届けるのは難しく、ひとまず広域に配布して様子を見る事になるので効率も非常に悪いです。

SNSの良いところは、自分の売り込みたい情報が興味を持っている人に届きやすいというメリットがあります。
タグ付けするなど機能を有効に使ったり、同じカテゴリーに投稿したりもできますし、興味を持った人がイイネなどで投稿に応えてくれると、その人のページにも反映されて情報が拡散されていきます。

また、SNSの利用方法は個人の価値観で違う部分があり、プライベート専用を楽しんでいる人も多いです。
そんな友人に対して、ビジネス感が強すぎる宣伝ばかりの発信をしてしまうと、知らない間に嫌がられたりしてしまう場合もあります。
文章ばかりが多すぎても読むのは面倒ですし、言葉使いなども慎重に選びたいところです。

SNSを有効なツールとして使いこなす為にはSNS映えするにはどうするか、ウケるのはどうしたら良いか戦略を立てる必要があります。